小川紀美代CDのご紹介

バンドネオン奏者

小川紀美代

小川紀美代(バンドネオン奏者)
プロフィール

ほぼ独学で奏法を学び、2001年単身ブエノスアイレスへ渡る。2003年、2017年、アルゼンチン最大の音楽祭であるコスキンフェスティバルに日本代表として2度の出演、2010年在ボリビア日本大使館事業コンサートを含む南米縦断ツアー。アジア各国のアートフェスティバルへ招聘されるなど独自のスタイルは、ヨーロッパなどでも高く評価される。2018年アルゼンチン国立タンゴ博物館所蔵のアニバル・トロイロのバンドネオンでのブエノスアイレス録音と日本ツアー。2021年コロナ禍、文化活動が始まったフランスへ招聘される。パリでギャラリーコンサート、配信ライブ。南仏を拠点とするMezcal Jazz Unitと2回のコンサート。バンドネオンオーケストラ「蛇腹隊」の主宰など、後進の育成にも力を注ぐ。国内外でも数少ない女性奏者。」

EI dia que me quieras のCD販売のお知らせ

みなさんのクラウドファンディングのご支援で、素敵なCDができました。
収録曲は、全てコロナ禍の繋がりから生まれたオリジナル作品です。

ジャケットは、小さな森の美術館館長・大島和子さんの手。手の上に乗っているのは美術館とも縁が深い鶴岡市在住の彫刻家・嶋尾和夫さんの作品です。CDの盤面や印刷物には、晩年、矢吹町を拠点に活動されていた長田良夫さんの作品を使わせていただいています。たくさんの想いでこのCDはできています。ぜひ、楽しんでください。

当和美術館のワーク&イベント会場にて、演奏会を開催します。
【バンドネオン演奏会】
●2022年9月4日(日)
●第一部14:00〜14:40 第二部16:00〜16:40
●チケット2,000円・定員各15名

詳しくはお問い合わせください。

オリジナルCDは、2,500円にて販売中!和美術館で販売しています。詳しくは、当館までご連絡ください。

メニュー
Translate »